鳥貴族ホールディングスで働く人

私たちが今日も世の中を明るくする。

飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍する先輩社員たちの、
実際の仕事の様子を生の声でお届けします。

お店が「ある」。
私が「いる」。
それだけで、誰かの安心になれる。

東海 未侑

株式会社鳥貴族 営業部 店舗スタッフ 2022年新卒入社

店舗経営の勉強を目的に入社。
現在は店舗スタッフとして、店長の補佐やアルバイトスタッフの教育に従事。
留学生が多い環境のため、言語や文化の多様性に触れながら成長中。

東海 未侑 MIYU TOKAI

普段の営業にこそ、
経営ノウハウが詰め込まれている。

高校時代、部活動の運営に悩んだことをきっかけにマネジメントへ興味を持ち、大学では経営学を専攻しました。当時は飲食店でのアルバイトを経験したこともあって、より実践的な店舗経営を学びたいと考えるように。大手企業のノウハウを知りたいと考え、鳥貴族への入社を決めました。普段は当たり前のように運営されている鳥貴族の店舗ですが、働いてみると、多くの体系化された仕組みを知ることができます。衛生や安全に関する法律やガイドラインに沿って整備されたマニュアル。人の強みを活かすマネジメント理論。店舗ごと裁量のある経営管理手法。ひとつの店舗を営業することそのものに、経営の知見やノウハウが詰まっていると感じているところです。

店長にも、多様なロールモデルが
あるはずだ。

駅前で鳥貴族の黄色い看板を見るとホッとする。お客様から言ってもらえることが、よくあります。多くの店舗があり、安定した美味しさで、誰でも気軽に入れる。鳥貴族があるだけで提供できる、日常的な安心感が私のやりがいです。加えて今後個人的にやりたいのは、まず店長になること。そして女性店長のロールモデルを増やしたいと考えています。きっかけは、鳥貴族の店長は、数でいえばまだまだ男性社員の方が多いと感じたことでした。女性店長が当たり前のように働き続けられる姿を、あとに続く誰かへ向けて、私が体現できたらいいですね。さらには働く人の興味の入口をつくったり、キャリアビジョンを描くための手助けをしたり。企業全体の人財育成にも、取り組んでみたいです。