鳥貴族ホールディングスで働く人

私たちが今日も世の中を明るくする。

飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍する先輩社員たちの、
実際の仕事の様子を生の声でお届けします。

鳥貴族で育った人なら、
きっと、どこへ行ったって大丈夫。

分野 綾佳

株式会社TORIKI BURGER 2016年中途入社

鳥貴族でのアルバイト、入社後の新店舗立ち上げや人財育成などを経験後、社内公募を経てトリキバーガーへ。
自ら店舗に立つのと並行して、人財の採用や育成、接客トレーニングなどを担当している。

分野 綾佳 AYAKA WAKENO

大変だけど、楽しい。
絶対に飽きないと思う。

とにかく昔から、新しいチャレンジが大好き。役者を目指しながら、介護の勉強をしつつ、鳥貴族でアルバイトをする、多忙な日々を送っていたこともあります。鳥貴族へ就職するきっかけとなったのは、新店舗立ち上げプロジェクトへの参画を打診されたことでした。「少しの間でもいいから、分野の力を借りたい」。アルバイトのひとりでしかないと思っていた私にも、チャンスをくれたことが嬉しくて入社を決めました。新業態としてトリキバーガーを立ち上げると聞いたときも、社内で真っ先に手を挙げたのはきっと私(笑)。会社が変わっていくのは大変さも伴うけれど、その分楽しいし、絶対に飽きない。そう信じられる環境があることを、毎日嬉しく思います。

商品を渡す一瞬にも、
鳥貴族としてのDNAが宿る。

トリキバーガーはファストフード店なので、鳥貴族と違って接客の時間は一瞬です。それでも、短い会話の中で朝は「おはようございます」と元気に挨拶したり、「私はこれが好きですね」とオススメのメニューを伝えてみたり。声かけひとつでもお客様をちょっと明るくすることはできる。鳥貴族から続いているあたたかい接客を、ファストフード店でもできる方法を模索しながら人財育成に取り組んでいます。将来的には、鳥貴族やトリキバーガーでアルバイトを経験した人が他の場所で就職活動をする際でも、「鳥貴族やトリキバーガーにいたなら大丈夫だね!」と言ってもらえるようにしたいです。うちで育った人なんだから、たとえ違う舞台でも誰かを幸せにできる。そう胸を張って答えられるような人を育てられるトリキバーガーをつくっていけたらいいですね。